2015.05 ランタンの街 ベトナム・ホイアン 5月の街歩きは暑さに注意


昨年のGWに計画していたベトナムホイアンの旅

息子の結婚式が5月に決まり

さすがに式直前に旅行は厳しいかな。。。っとキャンセル

ということで

今年のGWは念願叶って

ランタンの街ホイアンへ行ってきました

以前はホーチミンかハノイ乗り継ぎだったのが

昨年の7月から成田ーダナンベトナム航空の直行便も出て

たった5時間半で到着〜!便利になりました〜!



ダナン空港からホイアンまで南へ三十キロ

こんな美しい屋根の古い街並みが迎えてくれました

b0154385_014256.jpg


16世紀末から国際貿易港として繁栄したホイアン

大規模な日本人街や中国人街が形成され

その後鎖国となり日本人の往来は途絶えたんだそう。。。


日本人が建築したと伝えられている

来遠橋(日本橋)

屋根付きの橋なんです

b0154385_014939.jpg


橋の上からの眺め。。。

川沿いの木陰が涼しげでしょ〜!

でも。。この日は37℃ (@@)

b0154385_0141552.jpg

オマケに

この橋の上は観光客でいっぱい

汗だらだら。。。。(笑)



b0154385_0142157.jpg


旧市街の移動は

自転車かシクロ


私達はホテルの自転車

ベトナムの帽子をかぶってみましたが。。。これがなかなか優れ物

頭に密着しないので風通しもいいので気持ち良いし

髪型もペッタンコにならない。。

凄い!





b0154385_0142926.jpg

とにかく何処かで休憩と思い入ったレストラン

旧市街はどこにもエアコンというものがありません

なのでテラス席へ

大きな扇風機の下で

美味しいフォー頂きました

b0154385_0143822.jpg





b0154385_0144558.jpg

フォーとコーラで少し元気を取り戻し

再び街歩き



洋服の仕立て屋さん。。。


b0154385_0145283.jpg


この暑さ。。。
b0154385_0145933.jpg


お昼はあまり買い物する人はいないですよね。。。

歩いている人殆どいません

b0154385_015716.jpg


ウェディング姿のカップル

と 撮影チームも休憩中。。。

新郎の黒い衣装が。。お気の毒。。。


b0154385_0151442.jpg

ジリジリ。。。ジリジリ。。。

b0154385_0152157.jpg

ジリジリ。。。。暑い。。。。。
b0154385_0184691.jpg

もう。。無理。。。ってことで

途中通りがかった市場で

大好物の新鮮マンゴスチンを大量に買い込んで

b0154385_0155924.jpg


夜涼しくなってから出直すことに。。。。   続く。。
by maribali | 2015-08-02 06:10 | ベトナム | Comments(4)
Commented by bemnty at 2015-08-06 09:39
お〜、ホイアンですね!!
ダナンへの直行便があるなんて羨ましいです〜
しかも5時間とは近いんですね。
週末ちょこっとってのもアリですね〜。
ホイアンには寒い時期しか行ったことがないので、暑い時期に行って街歩きしながらビール休憩も良いななんて思ってたけど、結構キツそうですね。
友人夫婦がアンコールワット&ホイアンから帰ってきて、話を聞いてまた行きたくなってたところです。
Commented by travelster at 2015-08-06 12:45
5時間なんて近いですね♪
週末旅行圏内ですね!

ブーゲンビリアが南国感満開で。。。
古い建物を壊さず落ち着いた街並みですねぇ~行きたくなりました!

あさってから北イタリア、ドライブしてきます^^
走るぞォ~~!!
Commented by maribali at 2015-08-09 00:24
bemntyさんこんばんは〜。
bemntyさんのホイアン旅に憧れて、やっと実現出来ました〜。
夜のランタンの街を見た時はあまりの美しさに
思わず声をあげてしまいました。
ただ…もう少し涼しい時期だったら良かったです。。
夫が体調崩しフエ観光も全部キャンセル。
また涼しい時期にリベンジしたいてす。
Commented by maribali at 2015-08-09 00:44
トラさん、こんばんは〜。
今頃はイタリアドライブ中ですね〜。
ダナンへ直行便が出来たのは本当にラッキーでした。ディレイや変更の多いベトナムエア、乗り継ぎは気が重かったので。
気を付けてドライブなさって下さいね。
北イタリアのお写真待ってます!

<< 2015.05 Leica M... 201408 イタリア ⑫ ヴ... >>