タイ・チェンマイの麺料理「カオソーイ」と山岳民族の村

「北部の名物料理で軽くランチしたいんだけど。。。」

という私達のりクエストで陽気なタクシードライバーさんに連れて行って貰ったのが

「カオソーイ」で地元の人に人気のお店

「SATESINLP RESTAURANT CHIANGMAI」   (追記)

水路に囲まれていて

入り口には小さな橋を渡って。。

b0154385_15421729.jpg


まだ正午前でしたが

気温も上がり出して36度位


案内されたのはテラス席。。っていうか全部テラス席

でも緑に囲まれていて涼しく感じます。。


迷っちゃう位沢山のメニュー

写真を頼りに注文

b0154385_15422317.jpg

何だか面白そうで頼んだのが

薬膳っぽい一皿

ピーナッツや色々な実を葉っぱにくるんで食べる。。

b0154385_15422873.jpg

そして

北部の名物麺「カオソーイ」

カリカリに揚げた麺がのっている カレーヌードル 

b0154385_15423543.jpg

こちらはひき肉のせヌードル


タイは何処に行っても美味しいんですね。。

油も控えめ。。ココナッツミルクも控えめ

お腹ももたれないし。。

ライムを絞れば

更にサッパリします



b0154385_15424721.jpg


お店の奥の庭には噴水が涼しさを演出しているんですが

何よりスゴイのがミスト扇風機

天井近くに設置してある扇風機の真ん中に取り付けてあるホースから

時々細かい霧を噴射

冷房なんかよりもずっと身体に優しい冷え方で。。充分に涼しい!

気温が高い国のアイデアですね~!



銀座だか何処かの通りでミストを出してるって聞いたことがありますが

日本でも

もっと普及しても良いのに。。

b0154385_15425516.jpg

なんて感心しながら



次に訪れたのが

山岳民族の「カレン族の村」を模した村

代化の波がこんな奥地の山岳民族にまで。。。と感じた場所です

  

もともとはタイ北部の山岳地帯

ミャンマー国境辺り

行くには8時間位かかる

「メーホーンソーン」という村に住んでいるのですが。。。



ドライバーさんが連れて行ってくれたのは

チェンマイ空港から40分位で行ける場所。。

b0154385_15444845.jpg


ここは全くの観光産業のひとつで

入り口で入場料を払って入るんです。。

b0154385_15433989.jpg


今日は休日なんだそうで。。

それにしても静かです

b0154385_15492164.jpg


織物をする人もいますが


b0154385_1544234.jpg


生活感もなく。。。話声や笑い声が聞こえる訳でなく

バンブ-の風鈴がコロン。。コロンと鳴る音が聞こえるだけの

不思議な静寂の中

b0154385_15443934.jpg


静かに微笑む可愛い女の子。。。

b0154385_15441240.jpg

この娘は一番の美人さん。。きっと。。

b0154385_15442220.jpg

ただ。。

山岳民族の生活様式は見かけられず



この娘達が日々観光客に見られることだけが

収入となるのかな。。とか考えると


少し虚しい気分になっちゃって

早々に切り上げちゃいました



b0154385_15431511.jpg


あちこちで見かけるライチの木

これでもか~!ってほど実がなっています


気温もさらに上昇。。。たぶん40℃位です

いよいよあの憧れのホテルに向います
by maribali | 2012-06-05 15:45 | タイ | Comments(12)
Commented by selfish555 at 2012-06-06 23:50
俗に言う〇〇族ですね!昔、なるほど・ザ・ワールドかなんかで見た気が・・・
リアルに見たワケですね!かなり奥地に住む民族なんでしょうか?
人知れず・・・って感じではなく観光でしっかり稼いでる感じがしますね(笑)
アジアって逞しいパワーがみなぎってますが、私生活を覗かれるのはどうなんでしょうか?
日本人って秘密主義と言うか、家の中覗かれたり私生活に触れられるのイヤですよね。
Commented by maribali at 2012-06-07 09:45
selfishさん

おはようございます。
そうそう、俗に言う首長族です。私もなるほど・ザ・ワールドで見たかも。
八時間位かけないと辿り着かない奥地に住んでいるらしいですが、
数年前から観光目的のここが出来たらしいです。
詳しいことは知らずに連れて行かれたわけなんですが。。。

生活風景やそこの民族衣装とかを少し遠くから見るならともかく、人を見るっていうのは
ちょっと抵抗ありますね。
近代化の波がこんな奥地の山岳民族にまで及んでいるっていう現実を見たって感じです。
Commented by deserteur at 2012-06-09 10:00 x
はじめまして

写真がすごく上手いですねー
美味しそうですごいと思いました。
少数民族の観光村はたしかに悲しいですよね。
わっかをはめてるパダゥンの人たちは70年代くらいから、ビルマ軍のカレンニーへの攻勢によって難民となりタイ領のジャングルに逃げてきて住んでいたそうです。90年代くらいからだそうですが、外国人がエキゾチックな村へのツアーを希望することから、お金になると気づいたタイ人によって商売のネタにされています。
彼らは何のパーミットも持っていないので、宙ぶらりんの身分でかわいそうです。雇い主が税金を収めるから見逃されているだけです。
ほんとうは満月の水曜日に生まれた女性(だったと思います)がわっかを付けるんだそうですが、観光用にだれでもかれでも付けちゃってますね。

綺麗な写真を楽しんで見せてもらってます。
どもです
Commented by hiyoko at 2012-06-10 00:06 x
相変わらず、写真がきれい~。
そして、カレン族の女性の衣装が美しいー!
日本人にはない色彩感覚ですね。
ショップに並んでいる布地の色もきれい!
そうなんですね、実際の村はもっと奥地にあって、こちらの村は観光用なんですね。。。
首に付けていない人もいるけれど、同じ種族じゃないのかしら?
それにしても、世界には不思議な風習が色々あるものですね~。
Commented by maribali at 2012-06-11 12:34
deserteurさん

はじめまして。
ようこそ~お出で下さいました。

>少数民族の観光村はたしかに悲しいですよね。

もっと活気もあって、生活感があるならそれでも良いのかと思うんですが。。
あの静けさ観光用に開拓された乾いた土の感じ。。。何とも言えず悲しい感じがしたのは
私達だけではなかったんですね。

>ビルマ軍のカレンニーへの攻勢によって難民となりタイ領の・・・・

そうなんですか。。。国境の無い島国に住んでいると
知らないことが沢山あります。
ある意味、ここに行ったことで難民の現実を見た。。って訳ですね。

また時々覗いて、色々教えて下さいね。
よろしくお願い致します。
Commented by maribali at 2012-06-11 12:34
hiyokoちゃん

こんにちは。
タイも北部まで行くとまた違う雰囲気。
民芸品はカラフルで楽しいし美味しい食べ物や果物も豊富で
都会より更に穏やかな人達で過ごしやすい所です。

そして山岳民族や国境のこと。。肌で感じます。
広大な軍の基地にはロバや馬が放牧されていてまるで牧場のよう。
でも山岳地帯の国境パトロール用と聞いて、納得です。

首のわっかも水曜満月に生まれた女性だけということらしく
その意味も色々説があるようです。
ただ最近では観光のためになりつつあって。。そんな悲しい面もあるようですよ。
Commented by travelster at 2012-06-15 22:24
あ〜、解ります。
場の雰囲気とか、こっちが感じてる事、向こうが思ってる事、なんとなく違和感を感じてしまい、
>少し虚しい気分になっちゃって早々に・・・
と思ってしまうんですね。
自然な流れで「遭遇」って言うのが一番感動なんですけど。。。
ボクは遭遇を求めて奥地に行き過ぎてしまいましたが。。。(笑

メーホンソン一周(MaeHonSonLoop)は、ルート通り走ればすばらしく快走ルートです♪
Mariさん&OGさんペアでしたらメーホンソンまで楽勝だと思います。
Commented by arak_okano at 2012-06-16 06:34
アラック、一言、行きたいです、食べたいです、
撮りたいです、バグース!
Commented by maribali at 2012-06-18 15:30
トラさん

こんにちは。

こういう観光の村があるなんて、入口で入場券買うまで知らなくって。。
もう少しちゃんと下調べしておけば良かったんですよね(笑)。

でも、ある意味。。観光開発が山岳民族をこんな状況にしているという現実を
見てこられたって事ですよね。

>ボクは遭遇を求めて奥地に行き過ぎてしまいましたが。。。(笑

険しい泥沼道に、あのお宿も夕食も。。。
トラさんのあの奥地の旅は誰にも真似出来ません~!

>メーホンソン一周(MaeHonSonLoop)は、ルート通り走ればすばらしく快走ルートです♪

そう言えばタイはバンコクもチェンマイも道路の状態が良いイメージです。
きっと、その道も快適なんでしょうね。

でも。。。最近大ボケ気味の我々にはルート通りが難しいかも(笑)。

Commented by maribali at 2012-06-18 15:30
アラックさん

こんにちは。

タイ料理は辛いけれど、オイリーで無いので
お腹には優しい感じがしますね。

写真もタイ独特の色だし。。。バリとは一味違う楽しみがありますね。

そろそろバリにも行きたい気分です♪
Commented by glen at 2013-06-29 08:08 x
チェンマイは大好きで毎年年末に行きますし、カオソイも好きですが、このカオソイのレストランは知りません。良さそうですね。場所は何処でしょうか。早くまたチェンマイに行きたくなってきました。
Commented by maribali at 2013-07-02 12:20
glenさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
チェンマイに毎年年末にいらしてるんですネ。。羨ましいです。
快適な気候なんでしょうね。
5月は暑くて。。あまり歩き回れませんでした。
このカオソイのレストラン、ドライバーさんに連れて行って貰ったところです。
今調べていたら分かりました~。
「SATESINLP RESTAURANT CHIANGMAI」
お陰さまで↑にも店の名前入れることが出来ました~。
観光客向けでないみたいで、地元の方ばかり。
メニューもタイ語で写真で注文してみました。
カオソーイ見ていたら私も行きたくなって来ました~!!
<< タイ・チェンマイ  フォーシー... タイ・チェンマイ  ドイステー... >>