きっかけは一枚のハガキから。。   タイ・カオラックのザ・サロジンへ

まだ 春だったかな。。。


月末で仕事机は郵便物が山積み

整理していたら

その下から

読みそびれていた「アジアンリゾート」特集の旅行雑誌が。。。


出掛ける時間が迫っているのに

ついその雑誌を手にとって

「癒されるのはやっぱりアジアだわね。。。」

なんてパラパラ


そして目に入ったのが

最後のページに挟まっているリゾートホテルの宿泊利用券が当るって書いてある(笑)

アンケートハガキが一枚

「いいなぁ。。。アジアンリゾート。。。

             あ~今日が締め切り日なんだわ~!でも。。もう遅刻しちゃう。。。」


時計を見ながら大慌てで

書けるだけ書いて

ポストへ。。。






   。。。それから数週間後

「おめでとうございます サロジンの。。。」ってメールが届いたんです










タイ・バンコクから国内線でプーケットへ

空港からはお迎えのホテル・カーで1時間40分

100キロ程北上

タイの道路は何処も快適です



ザ・サロジンはカオラックと言う静かな場所にあるんです


この時季のカオラックはシーズンオフ

あいにくの時々雨のドンヨリしたお天気


やっぱり少し遠かったかな。。。雨に濡れた窓からの景色は家もまばらになり。。。

プーケット島は初めてだし。。ありゃ~~こんな両側ゴムの木の林道を走っていくの?

まあ。。散々バリ島ではいろんなところを訪れているので

「バグースジャティー」に行く時に比べれば

全然平気!って自分に言い聞かせていると。。。



「着きました。ようこそサロジンへ!」とドライバーさんの声

そこからは。。突然明るい空が広がって。。

素敵な笑顔のスタッフ達に迎えられて

もう。。いっきにドンヨリ感から解放!!

こういうホッとする感覚が更に気分を上げてくれます

b0154385_2152156.jpg

ホテルの中心はレストランとプール

b0154385_2152973.jpg

その回りにお部屋が点在していて(ホテルMAP)こんな小径で一周できるんです

つまり。。どのお部屋からも

プール・レストランは

すぐ近く。。

b0154385_2153695.jpg


ここの朝食は本当に特別

何杯でもいただけるシャンパン

バッフェではなく注文し放題

作りたてのお料理は美味しく

どれも上品な量なので

何種類でも頂ける

小振りのデニッシュも何度も「今、焼き上がりました。如何です〜か?」って。。

2日目には名前も覚えてくれて

色々お話して。。。

邪魔にならない程度に笑い声が溢れている

素敵な朝食タイム

毎朝毎朝。。本当に楽しかった。。。

b0154385_2154440.jpg


こんな小径を抜けると

ホワイト・サンドビーチ

b0154385_2155380.jpg


そこは美しい事で有名なアンダマン海

b0154385_2161737.jpg


その海を眺めながらお食事をいただける

もう一つのレストラン

ここのタイ料理も素晴らしい美味しさ

そしてお皿の盛り付けや飾りが毎回お洒落で楽しいんです



サロジンはどちらのレストランも素晴らしい。。。

b0154385_2165371.jpg

そのタイフードレストランのシェフが教えてくれる

クッキングスクール

笑いっぱなしの楽しい時間

b0154385_217772.jpg

でも笑ってるだけでなく

内容も充実

このエビは私の作品!

夏のパティーなんかに良さそうでしょ~!

b0154385_2171698.jpg


ザ・サロジン。。。

小さなホテルだから出来るホスピタリティ

過ごすごとに良さが増して

帰る頃には虜になっちゃう。。。

そんなホテルです


b0154385_2172767.jpg

土砂降りの中

ホテルのアクティビティーで

カオソック国立公園の

b0154385_2174094.jpg

こんなツアーも

行って来ました

b0154385_2175046.jpg


まだ。。サンフランシスコ記事も進んでないのに。。。

いつになるやらですが

ボチボチお付き合いくださいませ
by maribali | 2012-10-02 09:19 | タイ | Comments(6)
Commented by bemnty at 2012-10-02 22:30
mariさん、すご~い!!
サロジンの宿泊券当てっちゃったんですか!!!
強運の持ち主ですね(笑)
雨季であろうと、サロジンに篭ってしまえばきっと問題ないだろうと思ってましたが、カオソック国立公園まで行かれたんですね。
サロジンのスタッフもみんな明るくて楽しそう♪
きっと癒された旅だったんでしょうね^^

Commented by nekotanyan at 2012-10-02 22:56
タイ旅のきっかけは、幸運の1枚のはがきだったのですね!

サロジン素敵ですね~。
小径に弱い私は、海に続く小径のシチュエーションだけでも
もうサロジンに惹かれてます(笑)
客室数の少ない小さなホテルは、人の温かさがあるように感じます。

サンフランシスコとあわせてブログのアップ、楽しみにしてま~す♪
Commented by maribali at 2012-10-04 06:22
bemntyさん

おはようございます。
実はこれで3回目。。。
ガルーダ・インドネシア航空のフォトコンとか(笑)。。航空券は無しですよ~。

プーケットは初めて、カオラックは空港からまた遠いでしょ。
日本ではカオラックの情報って殆ど無くて(ガイド本には1ページサロジンのホテル紹介のみ)

お迎えの車中では、ドライバーさんとの会話で津波の話は当然出ますでしょ。。。
車窓は雨でドンヨリした景色。。。
一所懸命bemntyさん一家もここにいらしたんだわ~っとか、サロジンは良いっておっしゃってから
大丈夫~~って気を紛らわせていたんですよ~!
到着後もバリ島のホテルに比べればそんなに広大な敷地って訳でも無く、まあ普通。。って最初思っていたんですが。。

スタッフの明るさ、親切さで段々居心地が良くなっていって。。
最後、帰る時には本当に涙目です(笑)。

おっしゃる通り、こじんまりした自分の家のような過ごし方が出来て素晴らしいホテルでした~。
本当に癒されるってこういうことなんですね。

bemntyさんのところでカオラックを知らなかったら全然違ったはず。
本当にありがとうございました!

Commented by maribali at 2012-10-04 06:23
ネコさん

おはようございます。
ホント!幸運の一枚のハガキですね。
出さなかったら多分カオラックに行くことも一生無かったかも。。
そう思うと面白いものです。
あの時、ハガキを書いていて銀行のシャッターが閉まる寸前に飛び込んだの覚えています(笑)。

>小径に弱い私は、海に続く小径のシチュエーションだけでも
>もうサロジンに惹かれてます(笑)

ネコさんも小径に弱いんですか~?!私もですよ~!吉祥寺もそうかな(笑)?
ここはお部屋に入るのも、それぞれの小径があってプライベート感もバッチリです。

仰る通り、小さなホテルは温かさが感じられて本当に癒されますね。
まさにここはそういうホテルでした。

サンフランシスコもまだまだ手付かずなんですが、
ボチボチアップしていきますので、どうぞ宜しくお付き合い下さいませ。


Commented by arak_okano at 2012-10-07 06:59
ご無沙汰しています、アラックです。
季節はしっかり秋ですが、南の香りを
有り難うございます、バグース!!
行きたいな南へ。
Commented by maribali at 2012-10-09 11:09 x
アラックさん

コメントありがとうございます。
本当に今年はいつまで暑さが続くのかと思っていましたが、
急に朝晩は寒いくらいですね。
秋らしくなったのは嬉しいですが、やはり
南の島はいつも恋しいですね。
またアラックさんの美しい海中のお写真を見せて頂きに
伺いますね。
<< Sarojinその1 The ... 2012・08その2  サンフ... >>