Sarojin その6   へ行くことになったわけ。。。

最近ではネットに情報が溢れているけれど

旅行に関しては殆どが本


特に綺麗な写真で上質な印刷のものに惹かれる

小さな写真から夢がどんどん膨らんで。。



初めてバリ島に行く事に決めた写真の綺麗なアジアンリゾート特集本は

何度も何度も開いて見て

ボロボロになっちゃったけれど

今では思い出がいっぱい詰まった本として

大切に本棚にとってある




今年の春先のこと。。本屋さんで夏のSF旅行の本を探していて

ふと表紙が素敵で手に取ったのが

アジアンリゾートの雑誌。。。。創刊号なんだ。。。」




そしてモニター募集のハガキを

ポストに入れたことから

The Sarojin に行くチャンスが。。。

そして The Sarojin として感想ブログを作りました

(モニター記事として必要なくなったので、こちらblogに全部移行いたしました2016.01)

行って初めて分かった

Srojinという名前をつけた意味

ホテルがオープン一週間前にあのスマトラ沖地震の大津波で壊滅

スタッフが一丸となって復興させたそのパワー。。。

穏やかで温かいサービスの中に

普通のリゾートとは違う

何か熱いハートを感じるホテル



まさかこんな素敵な体験が出来るとは

本音。。思っていなかったんです。。。


b0154385_16415066.jpg


The Sarojinにご興味のある方

お暇な時間にでもご覧ください
by maribali | 2012-10-24 12:15 | タイ | Comments(4)
Commented by bemnty at 2012-10-26 16:11
mariさん、こんにちは~
私もカオラックのホテル探しをしてたときにサロジンの存在を知りましたけど、深いストーリーがあるんですよね~
確かサロジンの復興に学ぶ経済本のような書籍もあったような・・・・
前回はピーク中のピークの時期だったので、とても予算オーバーだったので諦めたのですが、いつか泊まってみたいホテルです。
別ブログの方にもおじゃまさせていただきますね。
Commented by maribali at 2012-10-27 15:14
bemntyさん

コメントありがとうございます。
お陰様で、bemntyさんのカオラック滞在を聞いていたので
雨の長距離ドライブも不安無く過ごせました~。
知らなかったら。。お天気も悪く。。道中、結構寂しい気分になっていたところです(笑)。

仰る通り、サロジンは意味深いところなんですね。
そして、そのホスピタリティーは確かに本物だと思いました。
最終日のお見送りの時にはちょっとジワっときたくらいです。

お値段はピーク時とは違って、この時期は半額位になってます。
が。。それなりにリスクはありますよね。
私達の四泊中は最初二日間はスコールと晴れが交互、三日目は朝から夕方まで雨、最終日は晴天。

長期滞在ならこの値段でかなりお得感はありますが、全部雨だと泣きますよね。

(そうそう、ガーデンレジデンスは雨季のせいかカビの匂いがしてました。
モニターだったので帰国後報告して改善するとの返事でした。)

雨季でも二階のスイートなら広々、爽やかで明るくって、お薦めです~!

Commented by arak_okano at 2012-11-03 09:00
おはようございます、アラックです。
雑誌に載っていると、行ってみようと思いますよね、本当に
バグースに掲載されますからね。
私もたまに女性雑誌を恥ずかしながら買ってしまいます。
Commented by maribali at 2012-11-03 18:16
アラックさん
コメントありがとうございます。綺麗な写真を見ていると
行ってみたくなりますよね。
普通は行ってみてガッカリする位、写真の方が良いものですが、
東南アジアは写真よりずっと凄い~!って感激しますよね。
確かに。。。旅雑誌は女性向けが多い気がしますね。
<< 西海岸 カーメルからビッグサー... sarojin その5 サロジ... >>